五香屋の器について

アトリエ五香屋の器は、八重山の原土から焼き上げる素朴な色合い、
土味に白化化粧泥を掛け流し、呉須(藍色)と飴釉(茶色)で絵付け、
灰や石灰を基にした釉薬で仕上げています。

うつわは、武骨ながらも使い勝手の良いものを考え製作しています。
また、デザインは沖縄の民藝の影響を受け、琉球古来の技術である線彫りによる
魚や島の暮らし風景を描いたもの、大胆で大らかな染付など種類は豊富です。
すべて手書きによる一点もの。

料理はもちろんのこと、暮らしの中のひとつとして、
使っていただける器づくりを続けています。

【うつわの特性と、購入の際にご理解いただきたいこと】


使い込むうちに、風合いや色が変化していくうつわ。


古くから、「器を育てる」といって、その移りゆく表情を楽しむ文化があります。


うつわの表情をつくるのは、量産品には見られない、斑点や、かすれ、釉薬のムラ、濃淡、形のゆがみ等など。


歪みや、ヒビ、ピンホールなどあったりする場合もありますが、綺麗に整ったものでなく、ひとつひとつ、大きさや色味の出方、

形が少しずつ異なったり、個体差があり、全く同じものがないところが、手仕事ならではの魅力です。


アトリエ五香屋は、隣島石垣島の粘土を使っています。

目の粗い赤土の粘土ですので、

窯傷といって、高温焼成によりできる微細な傷もその粘土の特性になります。


色合い・形・大きさなどの相違については、入荷時の分類分けや、再入荷時の再撮影などによって、


なるべく実物と近いものになるように努めておりますが、閲覧環境により、

実物と異なって見える場合がありますので商品説明と合わせてご確認ください。

  • ピンホール

  • 色むら

  • 高台の付着物

  • 高台の欠け

  • 釉薬ヒビ